安い薬がとってもだ~い好き!

病気の治療で困難極まる中ネットなどによる海外薬が流通してきました!

薬の副作用と主作用について

去年、長年議論されてきた医薬品のネット販売が解禁されましたが、それ以前ではビタミン剤に関していえばネット販売を可能としていましたが、それ以外の医薬品は不可能になっておりその理由は薬特有の副作用が原因だといわれていました。

薬というのは副作用が存在しております。

例えば風邪薬ならば主作用が風邪を治す事、副作用が眠くなるが例として挙げられますよ。

主作用は薬が持っている症状を飽和・完治を期待できる作用、副作用は期待しない症状の事を指します。

副作用には、薬によって『めまい」『お肌トラブル』『けいれん』etcなどがあります。

なので、薬を利用する際には、副作用についても十分な知識と注意が必要になっております。

政府の意見としては、ネット販売は店舗販売よりも危険という意味なのでしょうが、去年解禁されたようにその理論が見直されました。

実際一般医薬品による副作用の死亡例は2007年から5年間で24件だそうです。

副作用の被害に対しては年間で250例近く報告されているようですが、それがネット販売と関係しているとは言いがたいと私は思います。

薬はそのリスクによって第一類、第二類、第三類というように区分されています。

簡単にその区分のリスクを説明しますと一類が特に注意すべき医薬品、第二類が風邪薬・頭痛薬、第三類が整腸薬やビタミン剤などです。

今回解禁になった薬は23品を覗く、残りの薬です。