安い薬がとってもだ~い好き!

病気の治療で困難極まる中ネットなどによる海外薬が流通してきました!

塩分と健康の関係性

甘い物の摂取はいけませんが、塩分の多量摂取もいけませんよね。

栄養はバランスが大切ですから、糖分の多量摂取・塩分の多量摂取共に注意しましょう。

さて、塩分摂取量が多い県では、胃がんの人が多いと良く言われます。

私達は『甘い物に気をつける』という意識が強すぎるあまりに、塩分については注意不足である事も少なくありません。

先ほども申上げた通り、何事もバランスが大切ですから、塩分の取りすぎも糖類同様にいけません。

塩分の摂取が多い事は高血圧に関係していると良く言われます。

世界保健機構のWHOの推奨では高血圧を防ぎたいのであれば、塩分の摂取量は一日5グラムに留める事だといいます。

「私なら大丈夫」と思っている人もいるかもしれませんが、日本人は他国に比べても塩分の摂取量が多い国だそうです。

なので、私達が当然だと思っている料理の味付けも気が付かないところで、高塩分になっている事も少なくないのです。

日本4つの地域から約4万人を対象とした10年間に及ぶ塩分と胃がんのリスクについての分析結果があったりします。

その結果では塩分を多く摂取している男性グループでは2倍になっていたと言います。

塩分が胃に負担を掛けて胃がんのリスクを高めてしまうのは胃の粘膜の破壊がおき、慢性的な胃の炎症から胃がんのリスクを高めてしまうと言いますよ。

必ず癌にならない方法というのはきっとないのでしょうが、そのリスクを出来る限り下げる努力は必要ですよね。

高血圧に関していえば体の中のナトリウムの総量を減らす事を意識して、胃がんの予防には塩分の摂取量を減らす事がその道しるべだとも言えます。

冷蔵庫という活気的な冷凍技術が一般家庭に普及した事により、塩蔵保存不必要から胃がんの発症率jは世界的に見ても下がってきていると言います。

けれど、決して無くなったわけではありませんし、油断していると塩分を多く摂取しがちな私達日本人ですからね。

十分な摂取量を守り、身体の塩分量には注意しましょうね。